banner_top | Home | Military | Trekking | Gourmet | Life | Contact |
・SUREFIRE M600C
SUREFIRE M600C
P/N: -
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------



SUREFIRE の歴史は、レザー装置の開発研究者であったジョン・マシューズ(John Matthews)博士が
一九六九年に設立した産業用レザー装置の製造メーカー「ニューポート(Newport)社」まで遡る。

同社に於いて七九年に銃器用レザーサイトの特許を取得したマシューズ博士は
銃器用レザーサイトの開発に専念すべく「Laser Products」社を設立する。

八〇年代前半にはロサンゼルス市警 SWAT チームの要請で
MP5 サブマシンガンと 1911ピストル用のウェポンライトの開発にも着手し
それらをベースに八五年に軍、或いは各法執行機関向けの
戦術ライト製造ブランド「SUREFIRE」を立ち上げた。


二〇〇〇年にピカニティレールに完全対応したウェポンライトシステム
Millennium Universal System Weaponlights」をリリースした彼らは、
続けて二〇〇四年に、山岳戦やCQBのシチュエイションを想定した
「スカウトライト(ScoutRight)」と称する軽量ウェポンライトのシリーズをリリースした。


シリーズ展開当初、発光ダイオード(LED)を採用したベゼルユニット「KL4」を搭載する「M600A」と、
旧来のキセノン・バルブ方式の「M600B」の二種類がラインナップされていたが、
二〇〇九年までにはLED式の新ベゼルユニット「KX2C」を搭載した「M600C」がリリースされる。
SUREFIRE M600C
輝度は120ルーメン。連続照射時間は二時間。
SUREFIRE M600C
CR123Aバッテリー二個(6V)で稼働する。

尚、従来のクラシック・シリーズミレニアム・シリーズとは異なり、
バッテリーはヘッド側からしか取り出すことが出来ない。
SUREFIRE M600C
ただし、ヘッド、ボディ、テイルスイッチ部に三分割できる構造そのものは
従来のクラシック・シリーズミレニアム・シリーズのそれを踏襲している。
SUREFIRE M600C
マウント方式はサム・スクリューによる一点支持。
SUREFIRE M600C
パッケージにはテイルキャップスイッチ(Z68 ※NSN :5930-01-605-9781)と
テープスイッチユニット(UE07 ※NSN :6150-01-5943-669)が同梱されて来る。
SUREFIRE M600C
テイルキャップスイッチはクリック・オンによる常時点灯が可能だが、
テープスイッチは押下している間に点灯させる(モメンタリ・オン)事しか出来ない。


ちなみに私がコレクション用に入手した「KIT01」には、
キセノンバルブを用いたランプ・モジュール(LU60A)と
クールな赤外線フィルタ(FM63)まで同梱されていた。
SUREFIRE M600C
もちろん使用予定は全くない。



ベゼルユニット以外の構成は先代の M600A と共通だ。

両モデルの識別にはベゼルに刻まれた溝を注視するか、
ベゼルの微妙な長さの違いを見分けるしかないだろう。
SUREFIRE M600C
映画「Battle: Los Angeles(邦題/世界侵略:ロサンゼルス決戦)」に登場する
マイケル・ナンツ二等軍曹の M4 にマウントされていたスカウトライトは「M600C」だ。

映画「Act of Valor(邦題:)」でノーラン・デイブ准尉(チーフ)が
メキシコのミルク工場に乗り込んでいくときに
彼の M4 にマウントされていたのもおそらく同じだろう。


製造終了してから久しいモデルだが、実勢価格三〇〇ドル程度で市場に出回ることがある。

ちなみに日本の代理店が当時つけていた値段を
後から知った私は目玉の飛び出る思いだった。
SUREFIRE M600C SUREFIRE M600C SUREFIRE M600C


−プッシー大尉烈伝−[サバゲー編]に戻る >>> 
Copyright (C)2011 Lt.Pussy All Rights Reserved.